amazon

Amazonアカウント再開方法と対策について 

今日は、Amazonアカウントの再開方法と対策を解説します。

今回紹介する方法は、現状僕がこの対策で何とかなっているということに過ぎず、これで100%問題ないという保障はありません。

Amazonの監視も進化して行ってますからね^^

心配であれば、時間はかかりますが他モールへの出店をオススメします。

ではどうぞ。

目次

1. 現在どうやってアカウントを運営しているのか?

2. 取扱商品をごまかす出品について

3. アカウント停止に完璧な対策は存在しない?

4. 最後に

現在どうやってアカウントを運営しているのか?

現在のアカウントは、スタッフ名義で運営しています。

アカウント作成時に、以下の点を対策しました。

・IPアドレス(iPhoneのテザリングのみ利用)
・新しいクレジットカード番号の取得と請求先住所の変更
・住所変更
・新しい口座
・新しいパソコン
・新しい電話番号

そして、現在でも対策している点がこれです。

・納品時の発送元住所、FBA返送先住所をアカウント停止時に使った住所と同じにしない
・取扱商品が全て新商品
・このアカウントで使っているパソコンで、停止したアカウントの購入アカウントを絶対に開かない

現状、新規ページ作成に使うJANコードは停止したアカウントの名前で使用していたものを使っていますが、今の所問題ありません。
※調べれば分かる事ですので、ここも対策しておく事がベストだと思います。僕はうっかりしてました^^

対策をちょっと解説します。

IPアドレスの変更には、WIFIルーターを借りる、テザリングを行うなどで対策すれば問題ないです。

請求先住所の変更は、カード会社へ引越しで住所が変わった旨を伝え、カードを紛失したと伝えれば、新しいカード番号+請求先住所変更されたカードができます。

※引っ越すか、受け取り可能な住所で対策する必要があります。
※カード会社によって、受取方法が変わるので確実ではありません。

僕の場合は、スタッフが引越しをした為、そこの住所を使いました。

法人アカウントで再取得したかったのですが、クレジットカード請求先住所を変える為には、住所変更で登記し直す必要がありますので、事務所移転のタイミングで、法人アカウントの再取得は挑戦しようと考えています。

パソコンは替える事ができるのであれば、買い換え事をオススメします。
PCのマックアドレスまで見ていないという説もありますが、僕は買い替えました。

新しい電話番号は、050PLUSで30分もあれば取得できます。
コチラhttp://506506.ntt.com/smp_ap/050plus/pc/index.html)から申し込みをして専用アプリをダウンロードすればOKです。

月額基本料金324円(現時点)ですので、アカウント停止したかどうかに限らず、仕事用とプライベート用で分けて使う事もできるのでオススメです。

取扱商品の重複に注意

取扱商品については、アカウント停止した商材と全て同じであれば関連付くという事も個人的にはあると思います。
もし、同じ商品で出品するのであれば、空出品などして対策していくといいでしょう。

その為、取扱商品数を増やす為には、売らなくていいのでとにかく出品商品数を増やす必要があります。

・どこでも売っている、ゲームソフトなどを同じように高額で空出品
・リサイクルショップなどで100円以下で出品できる商品を実際に購入して自己配送で置いておく

ポイントは、売れないであろう高値にして放置することです^^

アカウント停止に完璧な対策は存在しない?

アカウントが停まった時点で、既にブラックリストになります。
今回紹介した方法以外にも、アカウントの権限譲渡による対策など方法はあります。

ログインIDを替える事で停止した時に使っていた同じパソコン、同じIPアドレスでも現状、紐付けはされません。
出品代行会社が実際に必要な権限のみを使っているのを応用したやり方です。

中国輸入の参入者が増え、それに伴いアカウント停止になる出品者が大幅に増えています。
そこに対して、Amazonの監視システムも日々進化している事も事実です。

今は、問題なく対策ができていても、Amazonのシステム変更によりいきなり停止する可能性も多いにあると思っています。

複数アカウントを、リモートで対策していた場合には全滅してしまう可能性だってありますしね。
僕が、権限譲渡による対策をしなかったのはこの為です。

アカウント停止になった以上、将来的に絶対に大丈夫だという対策は存在しません。
いつアカウントが停まってもおかしくない。

今でもそう思っています。

出来る限りの対策をしていますが、僕はそのリスクを承知した上で現在販売を行っています。
だからこそ、Amazon依存の体質から抜け出すことができるように複数モールの展開を行っている訳ですね。

販路を増やす事こそ、アカウント停止時の一番の対策です。

最後に

アカウントが停止しても、しっかりと対策をして新規アカウントを作成すれば、販売を再開する事は決して難しい事ではありません。

しかし、販売を再開することだけが目的になってはいけません。

停止に至った原因を追究し、改善する事が一番重要です。

それをしない限りは、次のアカウント封鎖まで時間の問題です。

一度停まった人は、その原因を十分わかっているはずです。

やっぱり、やめておけばよかった・・・

そんな後悔の繰り替えしです。

違反を犯さないと稼げないのであれば、自身実力不足を認め、努力し直す必要があります。
一度出来上がったビジネスモデルを替えるにはとても難しい事です。

僕は、売り上げが3分の1になった時期もありました。
赤字経営のプレッシャーは、痛いほどよく分かります。

現実を受け止めて、前に進むしかありません。

ルールを守って販売をしている優良な出品者さんは、今のまま販売を続けていくといいです。
普通にやっていればアカウント停止にはなりません。

まずは、Amazonで限界まで売上を伸ばし、専門化のビジョンが見えた段階で他の販路拡大をしていく事をオススメします。

最後になりますが、Amazonのルールは絶対です。
出品者にとって、不利な部分も多くありますが受け入れるしかありません。

今一度、下記の点だけには十分注意してください。

・Amazonから注意を受けた項目がないか
・商標違反がないか
・特許の侵害がないか
・著作権は大丈夫か
・模倣品は取り扱っていないか
・出品規約を違反していないか
・自分自身でヤバイと思う項目をAmazonに確認したか
・アダルトグッズを取り扱っていないか(Amazonが認めていない商品に限る)
・在庫切れによる出品者キャンセルなどパフォーマンスに問題ないか
・返金ポリシーに沿った対応をしているか(自己配送時)

アカウント再開の方法のみを書こうと思ってましたが、最後はちょっと話がずれちゃいましたね!
でも、僕が伝えたかった事なので良しとします^^


メルマガ登録特典で、「Amazon新規ページ作成方法」のPDFファイルを無料プレゼント中です!

是非PDFを使って新規ページ作成に役立ててくださいね^^

「Amazonアカウント再開方法と対策について 」への6件のフィードバック

  1. はじめまして岐阜県在住の所と申します。
    いつもハルさんのブログ読ませていただき勉強させてもらってます^^
    私も先週アカバンになりまして、もし差し支えなければ3点のご質問にお答えいただければ幸いでございます。

    1、クレジットの請求先住所はスタッフの住所にしたとの事ですが、クレジットカードの名義はハルさんの個人名義なのでしょうか?

    2、現在のアカウントでは銀行口座の名義はハルさん個人の名義の物を使用したのでしょうか?

    3、納品時の発送元住所、FBA返送先住所はスタッフさんの住所を使用しているのでしょうか?

    お忙しい中お手数おかけしますが、差し支えのない範囲でお答えして頂けましたら幸いでございます。
    私もアマゾン転売で社員1名とスタッフ2名を雇っており、とてもハルさんの境遇が身にしみて痛感ております。。。笑

    1. 所さん、初めまして^^

      アカウント停止になると心折れそうになりますよね。
      早速質問に回答していきます。

      1、クレジットの請求先住所はスタッフの住所にしたとの事ですが、クレジットカードの名義はハルさんの個人名義なのでしょうか?
      名義は僕の名前にしており、請求先住所のみ対策しています。
      可能であれば、すべて変更した方がいいですね。

      2、現在のアカウントでは銀行口座の名義はハルさん個人の名義の物を使用したのでしょうか?
      僕の名前で口座を作り再登録しました。
      質問1の件と重なりますが、名前の部分はどうしても同姓同名の可能性が残るのでAmazonはチェックしていない状況です。
      ただし、可能であればすべて変更した方がいいですね。

      3、納品時の発送元住所、FBA返送先住所はスタッフさんの住所を使用しているのでしょうか?
      発送元住所は、ちょっとだけ変えて送っています。
      返送先住所につきましては、設定しておりません。
      原価の安い商品が多いので、破棄しています。
      どうしても返送が必要な場合には、友人にお願いして受け取ってもらっています。

      組織でやっている以上、売り上げを伸ばすこと以上に何があっても倒産しない基盤を作っていくことが重要だと感じています。
      Amazon依存を少しづつ減らしていきたいですね。僕の課題でもあります^^

  2. ハルさんお忙しい中、早速お返事を頂きありがとうございました!

    とても参考になります!早速アカウント作り治してみますね^^

    僕は相乗りは一切しずに50商品くらいの新規ページ作成&FBAオンリーで販売をしておりました。
    月商は中国輸入のみで650万ほどありましたので新しいアカウントで販売する場合は既存の在庫をさばくために前回と同じ商品をSKUを変えて新規ページ作成で販売する予定です。
    対策として空出品は相乗りページのエーシンを200位登録する予定です。

    ハルさんのブログやユーチューブ見させてもらってとても考え方が変わり、僕もアマゾン依存脱却のために今年中にヤフーショッピング→ヤフオク→自社HPの順で立ち上げる事にしました。
    3歩先の目標を決めるととてもモチベーションが上がりますね★
    楽天市場は残念ながら戦略不足と知識不足で早まって去年撤退してしまいました・・・
    今になってはまた楽天市場も挑戦したいと思っていますが・

    今回は本当にためになる情報ありがとうございました!
    いつかハルさんにお会いできる事を願っています^^
    今後もブログ楽しみにさせていただきます!

    1. 所さん

      Amazonリスクを警戒するのであれば、
      アカウントを分けて200万の売り上げをマックスにしてリスクヘッジかけることもできますよ!

      個人的には、Amazonの売り上げを500万以上にするとリスクが高すぎると思っています。

      ネットショップをやるのであれば、楽天がいいですよ!
      同時並行で始めましたが、ヤフーショッピングの5倍売れています^^

      アカウント停止、成長できる絶好のチャンスです!
      嫌でも努力しないといけない状況になりますからね^^

      頑張ってくださいね!

  3. 初めましてブログ読ませて頂きました(^^)
    加藤と申します(>_<)
    先日自分もアカウントが閉鎖をされました(・・;)

    無事新アカウントを作成する事までは出来ましたが1つ不安な事があるので回答して頂けたら嬉しいです。
    前のコメントの方が聞いていましたが箱に貼る発送ラベルは住所をちょっと変えれば問題無さそうですが、配送会社の発送伝票は本当の住所を記入しなくちゃダメですよね?それともそこも少し変えた住所でやっていますか??

    1. 加藤さん、はじめまして^^

      配送会社の発送伝票も変える必要があります。

      僕はヤマトのドライバーさんに事情を説明して、
      発送元住所を少しだけ変えています^^

      対策ができなければ、持ち込みなどで対応するしかないですよね。
      面倒くさいですが・・・

      発送元住所が止まったアカウントと同じでも、
      関連づかない場合もありますが、できる限り対策したい所です。

      参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA