amazon転売の厳しい現実

お久しぶりです、ハルです^^

相変わらずのトラブル続きで、厳しすぎる状況です。

今日はアカウント停止から2週間ちょっとたったので、一旦現状報告をしますね~♪

メインアカウントが停止してからは、サブアカント+メルカリで在庫処分しておりました。

昨日、メインアカントが完全に封鎖され、同時に頼みのサブアカウントも封鎖されてしました。

恐らくIPアドレスからたどられたのだと思います。
対策してなかったツケがきましたね。

アカウント一時停止になった時点で同時に止まらなかった事が唯一の救いでした。
2週間ほど生き残ってくれていたので一部の売上は確保できました↓↓

 

2015-10-21_17h39_48

 

 

しかし、まったく安心できません。

アカウント封鎖の影響で、メイン+サブアカウントが両方で入金が90日間保留される事が確定しております・・・

外車が買えちゃうくらいの金額が3ヶ月振込みされません。

クレジットの支払い、スタッフの給料もあるし・・・
物販をやっていく上で致命的になりますね^^

amazon依存の転売って怖いなと、初めて感じてます。

 

とにかく現状アマゾンでの販売が一切できない為、メルカリ販売で対応しております

アマゾン販売と違って在庫をまとめて出品できない為、効率の悪さはあります。

改めてアマゾン販売システムの優秀さを実感してます。

今は在庫だけが事務所にあるという、かなりまずい状態です。
在庫スペースないんで返送もできないですしね。

困りましたね~^^

でも僕は諦めません!
ネット販売でダメなら、リアル店舗で販売します!


それで、近所で開催されるフリマを調べまくってます。
フリマって売れるのかな??
ここもやってみなければわかりませんね^^

現状、激ヤバな状況ですが、これまでやった事のなかった新しいチャレンジを色々とやってて結構楽しかったりもしてます^^

また、在庫をさばきつつ今後の立てなおしを並行してやっております。

立てなおしプランはある程度決まりました。
うまくいくかどうかは分かりません。
これまでのノウハウを捨てて1からやり直す覚悟でいます。

 

今日は、立てなおしの第一歩として、司法書士事務所に行ってきました。

ってことは・・・

ちょっと長くなりそうなので、次回更新時に報告しますね~♪

お楽しみに!!

 

 

 

 

「amazon転売の厳しい現実」への4件のフィードバック

  1. こちらでは初めまして!
    アカウントについていろいろ勉強していてハルさんのブログにたどり着きましたが、どこかで見たことあるなぁとおもったらピンポンさんのところですね^^

    ピンポンさんとは公私ともに仲良くさせていただいていますが、商才豊かでまだまだ伸びるなと感じています。
    ハルさんも実績が素晴らしく、今回のアカウントの件は非常に無念ですが、それでもきっと、1年後には笑って話せることになっていると予感しております。
    ※私の知人もアカウント停止(買い付けたDVDが海賊版だったようです)になりましたが、アマゾンアカウントを復活させて頑張っていらっしゃるようです!知識と経験があれば早いので^^

    私は現状、ほとんどスタッフに任せていますが、アカウントのみならず規定遵守問題、倫理的な部分、今後発展していくマインドなど、頭脳はフル回転しています。
    体は実質数時間しか働いていませんが、頭は18時間くらい働いています笑 自分に感謝ですね^^

    心情お察ししますが、それでも明るく、そして前向きなハルさんに元気をいただきました!ありがとうございます^^

    何かあればピンポンさん経由でもいいのでご連絡ください。
    応援しております!
    ご縁に感謝します^^

    1. あにまーるさん、コメントありがとうございます!

      僕はまだまだ心は折れませんよ〰^^
      むしろ、最悪な状況から立ち直ることができれば桁違いのスピードで成長ができるとワクワクしてます!

      中国輸入で1000万以上の月商を狙うのであれば、取扱商品やページ作成などすべてにおいて規約順守を徹底した方がいいと思います。

      ”グレーなやり方が積もると黒になる”

      僕の反省点です^^
      目先の売上に捕らわれ過ぎておりました。

      既に対策されているかもしれませんが、今のうちに法人アカウントをもち少しでいいので育てていると、有事の際に全然違ってきます。

      現状、独自商品+単独出品でカートが取れないんで(笑)

      1. 返信ありがとうございます^^
        今回はハロウィン特需だったので、10月の売り上げに貢献してくれたのは間違いなく中国輸入です。
        ほぼすべて著作クリア+オリジナルページ作成だったので基本的には問題はないと思いますが、今後はページ統合や付属品(おまけと商品セットのあいまいな部分)なども考慮して進めていくべきですね。
        体験談ありがとうございました^^

        調べた結果、商標は一つのジャンルを取ればそのジャンルの付随品はすべて取れるとのことでしたので、いまのプライベートブランドで取得する方向性です。
        ※厳密にいえば多角的に、かつ、参入する余地のないように取得すべきかと思いますが、現状はとりあえずの参入障壁として取得予定

        何かを追うのではなく、トレンドを見越して自分で作り上げることができるのは強みですね^^

        もちろん季節需要でも、割合の半数は国内販売ですので、そちらもうまくやっていきたいですね。

        勉強になりました^^
        ありがとうございます。

        1. ブランド申請はいいアイディアですね!

          いかに強力な独占販売ができるか?
          中国輸入はここがすべてですよね〰
          僕も形は違えど、目指すところは同じです。

          ”トレンドを見越して自分で作り上げる”
          中国輸入の魅力の一つですね!
          本当に面白い商売だと思ってます^^

          オリジナル商品作成、代理店販売、販路拡大、BtoBの卸業などまだまだ大きな可能性があります。
          このままじゃ終われません^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA