中国輸入でよく起きるトラブル ~仕入編~

こんにちは、ハルです^^

中国輸入をやっていると、様々なトラブルに遭遇します。
そんな想定外のトラブルが数多くある中国輸入ですが、今日は”中国仕入”でよく起こるトラブルBEST3をお伝えします。

 

 

~第3位~

”税関で没収される”

普段気をつけていても、税関で商品を没収される事があります。

次のような事例になります。

ブランドのコピー品や、アニメ関連商品→商標権に違反ですね。
食品衛生法(口に付ける物は特に注意!)→風船などもアウトです。
直接肌につける商品(薬機法)→メイク道具、化粧品、かみそりなど

などなど

この中で、一番没収されるケースで多いのが、偽物商品の販売です。

中国の国家工商行政管理総局に調査では、2014年のタオバオにある商品の63%が偽物商品だったという調査結果があります。

これだけの偽物商品があるので、知らずに買ったが、実はコピー品だったなんて事もあります。

偽者だと分かってて販売することは厳禁ですが、普段のサーチでもコピー商品ではないかを常に意識をしておく必要があります。

また、食品衛生法などのルールを知らないが故に、没収される事もありますので輸入を始める前にはしっかりと勉強をしておきましょう。

 

 

~第2位~

”注文した商品と違う商品が届く”

中国輸入者はだれでも経験しているのではないでしょうか^^

サイズ違い、色違い、商品がそもそも違うなどなど・・・

仕入代行会社が使っている場合は、返金申請をする事で返金対応をしてくれる場合もあります。

中国側のミスで違う商品が届いた時には、泣き寝入りせずに返金交渉していきましょう。
代行利用であれば、素直に返金に応じてくれる場合もありますよ^^

 

~第1位~

“品質の悪い商品が届く”


中国輸入をやった事がない方でも、品質の悪さは想像がつくのではないでしょうか^^
実際に輸入をしてみると、思ったほど品質の悪い商品はきません。

しかし、中国輸入をする上では少ながらず粗悪品が届きます。
避けては通れない問題ですね。

・箱のつぶれ
・商品破損
・悪臭(中国の香り)
・欠品 などなど
・謎のインク汚れ
・金具が錆ついている

信じられないような商品が届く事も多々あります。

そうならない為にも、販売元の評価取引履歴があるか取引レビューチェックなどを注意深くチェックする事で、不良品がくる確率を減らす事ができます。

仕入れした以上は販売していかなければ利益を残して行く事はできません。

クリアパックやきれいな袋に再梱包をしたり、箱の状態が悪ければ”ほぼ新品”で出品したりと試行錯誤も必要です。

~最後に~

何か問題があった場合には、輸入者の責任になります。

amazonに売っているから大丈夫だと思って何でも仕入れていると、痛い目見ます。
中国輸入を始める時は、法律や税率など最低限の勉強してから始めるといいですよ^^

 

PS

明日は、9月の収支報告をしますね~♪
今からまとめていきます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA