売れる商品ページの作り方 販売戦略part1

こんにちは、ハルです^^
商品を輸入し、ページを作ったけど全然売れない・・・
適正価格なのになぜ・・・

新規ページを作って販売して行くうえで、壁になってくる部分です。
今回は、そんな販売戦略についてお伝えします。

 

まず、新規ページを作成して売れない理由のほとんどがお客さんの目についていない為です。

Amazonで買いものをする多くの人は、素早くできる買い物を求めております。
その後、レコメンド機能(関連商品を次々にだしていくアマゾンの機能)を見て合わせ買いをするパターンが多いです。

新規ページを作った段階では、検索された時点で他の商品に埋もれてしまします。新規ページの販売実績もない為、レコメンド機能にも表示されにくくなります。

じゃあどうやったら上位検索される商品ページに育つのか?

以下の方法が考えられます。

・とにかく売る(ランキングを上げる)
・レビューをもらう
・検索キーワードを変えてみる
・商品ページを見やすくする などなど

この中で、一番重要な部分になるのが販売実績です。

初心者の方ががやりがちなミスなのですが、アマゾンで売れてる商品見つけて、同じ商品でページをを作ったら売れるだろうというのは間違いです。

すでにある商品ページにはアクセスの強さで勝ち目はありません。
新規ページは直後はゼロからのスタートになりますので他の商品に埋もれてしまいます。

そこをいかに他の商品ページと同じ土俵までもっていくか。
この戦略を考える事がとても重要です。

僕が先週作った、新規ページの作成例です。

来月のハロウィンに向けて、実際に300個仕入た商品があります。
この商品はすでに、Amazon内に同じようなページが多くあり、普通に販売してもお客さんの目につかず売れないだろうという予想です。

その想定でも、需要のある商品であると売れる確信しており、ページさえ育てる事ができればすべて売り切る自信はあります。

そこで、300個内の30個はページを育てる為の捨て駒で仕入れました。利益を取ろうと考えているのは、300個中の270個になります。

まず、この商品はAmazon相場¥2000です。
しかし、僕は最初の30個に限り¥1200で販売します。

お客さんの中には、少しでも安く買えないかと探してまわる人もいます。
そんな人が、同じ商品で¥800安い商品を見つければ買いますよね?

この価格で販売すると利益はありませんがページは育ちます。

10月ハロウィン商戦本番までに、Amaoznでこの商品を検索した際に、2ページ目までに表示されることができれば成功です。

ここまでくれば、需要の強さで適正価格に戻して売る事ができます。

僕はページを育てる為であれば、最初は多少の赤字で販売をしても問題はないと考えております。

値下げして販売をする事だけがすべてではありませんが、ページを育てる上で、一番効果が高い手法だと思っております。

”どうやってページを育てて販売していくか”

ここを仕入の段階でしっかりイメージしておくといいと思いますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA