はてな

中国輸入の壁 相乗出品防止策

こんにちは、ハルです!

連休はどのようにお過ごしですか~
近場でセールなども多く仕入れやすいのでないでしょうか?

地元で幅広く開催しているホークス優勝セールに目もくれず、もくもくと取扱商品の強化と出品に専念しております。

もったいない^^

しかし、そんな頑張りも虚しく、独占販売しているページに相乗りされる事が多くなってきており、悩みの種が増えてます。

現在、独自ページの相乗防止対策として、セット販売、自社タグ、ロゴシール、オリジナル包装など様々な努力をしております。

しかし、このやり方ではなかなか自分の思い通りにはいきません。

アマゾン規定を無視して相乗販売をする出品者は多く、すべて防ぐことができないのが現状です。 

中国現地発送の販売者なんかは容赦なしに相乗りしてきますね~^^

そんなこんなで、アマゾン規定の中で、販売者同士の戦いを繰り広げております^^

現状、このような対策を状考えております。

・アリババやタオバオよりも安い仕入先を開拓する
・オリジナル商品(OEM商品)の拡大

どちらも簡単にはいきません。

まずこれ以上安く仕入れをしようと思うと、中国に行くしかなさそうなんですよね~

現地の卸市場で直接仕入をしたり、中国でスタッフを雇い、買付代行会社を作るなんて事が考えられますね。

そしてオリジナル商品の作成ですが、日本から発注すると時間がかかり過ぎます。リスクもちょっとでかいですし。

こちらも現地に行ったほうが、圧倒的にスピードが早く、価格交渉もしやすくなります。

どちらにしても、現地に行って開拓が必要なんですよね。

サラッと簡単に書いてますが、半端じゃなく難しい事です^^
現地にコネがあれば何とかなりそうな気もしますが、現状コネなしです。

でも、自分が難しいって思う事は、ライバルも同じです。
ポジティブに考えると、今が成長するチャンスなんですよね^^

参入障壁を高くして優位性を保つか。
物販をやっていくと必ずぶち当たる壁です。

その壁を越えることができれば更なる販売力がつきます。

今後、国内せどりが厳しくなる影響で、中国輸入をやるライバルも増えると予想しております。

そんなライバルに負けない力をつける為にも、現地で自社の物流を整える必要があると感じております。

中国に行く日も迫っているのかもしれませんね^^

すべては、僕が自由に動ける時間を作らないと何も始まりません。

これまで、売上拡大を中心にやってきておりましたが、今後は輸入事業の自動化を急ピッチでやっていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA