数字

せどりSKUの決め方・管理方法・活用方法

みなさんSKUってどうやって管理されてますか?
本当に人それぞれだと思います。

まずSKUってそもそもなんなのか?って話ですが、簡単に言うと自分で決める商品管理番号です。
商品別に日付や仕入値などいれてわかりやすくしているんですね。
後でこうしとけば良かった・・・と後悔する事も非常に多いです。

最初からSKU入力のルール決めをしておくと、在庫が増えた後の管理がとてもラクになります。
商品を探すのに時間がかかったりしちゃいますからね(汗)

今回は僕の組織で実際に使ってる例を参考にしてもらいますね~
基準がこれです↓↓

~FBA国内商品~

日付、担当イニシャルのみです。
例)201450823H○○

最後の○○は入力した順に番号を入れます。
同じSKUが使えない為です。
日付は続けて入れることで価格改定ツールに認識されるようにしております。
連番で入力しないと、正しく価格改定がされない場合があります。

○20150823
×2015-08-23

価格改定ツールを使っている場合、ハイフンやアンダーバーは自動価格改定がうまくいかない場合ばがあるためお勧めしません。

僕の場合は、仕入れ値は価格改定ツール(プライスター)で入力している為、入れておりませんが、ツールなしの方は、SKUの最後に仕入値をいれるといいと思います。

参考例1)20150823H01-3500EN
参考例2)20150823H01-EN3500

~国内自己発送商品~

・日付、イニシャル、棚番のみ
例)20150823H15L

日付からイニシャルまでは先ほどと同じです。
棚まず、棚に番号をつける必要があります。
僕は3段ボックスを並べている為、H(上)、M(中)、L(下)、を棚番に追加して管理します。

先ほどのSKU(20150823H15L)を説明するとこうなります↓
2015年8月23日Hさんが登録し、棚15番の一番下になおしました!・・・という意味です。

このようにSKUだけでその商品がどの棚のどの辺にあるかまで分かります。
ツールなしの方は、こちらもSKUの最後に仕入値をいれるといいと思います。

ここからがちょっと応用です↓↓

僕は特定商品のみをグループ化して管理もしております。

例)
DVD→DV20150823H
中国輸入→CY20150823

このようにジャンル別にすることも可能ですね。
在庫管理の検索窓に、”CY”と入力すると、輸入商品のみ抽出できます。

この様に頭文字だけで在庫管理ででてくるようにすると、在庫が増えた段階でも管理がラクになっていきます。

他に僕の組織では、特定のセール(AMAZON PRIME DAYなど)商品をグループ化したり、価格改定を手動でする商品と、しない商品でSKUを分けたりもしておりますね。

今回は僕の使用例を使って説明しましたが、イニシャルは自分がわかれば何でもいいですよ。

SKU自体は入力をしなくても、出品は可能です。
しかし、在庫が増えてくると商品を探すのに苦労してしまいます。
最初からルール決めを行う事で、後々スムーズに管理できます。

最初の内は、SKUの重要性にピンとこないと思いますが、ルール決めしたSKUをつけておいて損することは絶対にないです!

僕は、SKU管理がせどり経営の第一歩だと思っております。
しっかりと管理して効率化をしていきましょう!

一度決めると変更できない為、再出品するしかありません。
最初のルール決めが超重要なんで、わからない事や相談があればコメントくださいね~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA