レンタルショップ

せどりの失敗①

数ある失敗の中で、僕のターニングポイントになった事をお伝えします。

僕は今年の2月まで中古CDとDVDをメインにしてやっておりました。

本から始めて、他のメディア系のジャンルを拡大していってた時期です。

当時は1人でコツコツ取り組んでました。

本せどりからジャンルを広げた事で仕入幅が大きく広がり、朝から晩まで仕入する事ができておりました。

1日中仕入→
翌日出品代行へ送付→
そしてまた仕入・・・

この繰り返しで、稼ぐ事ができるのだろうと、信じてひたすら頑張っておりました。

その結果↓↓

見事に失敗(笑)

失敗の原因は1つ

回転の悪い商品ばかりを買ってしまった事です。

まあ~、今思うと全然売れてなかったですよ。

また、勘の悪い僕は、売れないのは在庫が少ないからだと、勘違いして仕入を続けてましたからね♪

それに加え、出品代行を使っており、その代金だけで毎月10万くらいかかっていた事を覚えています。

うまく黒字化できないのは、出品代行の経費のせいだと思い、赤字ながらバイトを雇いました。
※今でも活躍中の出品スタッフです。

今になって思うと、ここが組織化の第一歩でした。

ここから一気に好転します

バイトを雇った結果、出品の経費が半分以下になりました。
経費削減は成功です。

次は仕入れの改善。
新品せどりにシフトしました。
すぐに結果につながりました。

これはいける!と思い、友人にラブコールを送って雇用成功!
正社員で雇いました。
これまた成功!

仕入スピードが一気に加速して、月商を大きく伸ばすことができました。

僕はメディアせどりで一度失敗しました。

その結果、組織化につなげる事ができた事は、大きなターニングポイントになりました。
※僕を信じてついてきてくれたスタッフには感謝しております。

「失敗は成功のもと」

この事を今ブログを書きながら、しみじみと実感しております。

最初からコンサルを受けておけばこんなミスはしなかっただろうと思います。

いや、コンサルまで受けなくても、セッション数セッション率を気にして仕入していれば、早い段階で仕入ミスに気がついていたと思います。

ちょっと長くなってきたので、超需要なポイントのセッション数とセッション率について、次回お話しますね~!
ここを知るだけで、どうしたら黒字化できるかがある程度わかってくると思いますよ~

お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA